30代からの転職は不利?理想を追うなら20代でスキルアップを!

企業面接

年代は大きく関係する

将来的に転職をするというイメージを持っている人は数多くいます。
その中でも、30代半ばになってからの転職は難しいと感じている20代は多数に上ることでしょう。
なぜ、30代半ばの転職活動は難しいのか、現実問題をとらえている人はほとんどいません。

男女ともにいえることですが、年齢を重ねるとともに経験を問われるようになります。
これは、同業としての経験も問われますが、社会人としての経験も重要な意味を持つようになるでしょう。
未経験の業種に転職するのであれば、それ相応のアピールポイントが必要となります。

そこで考えられるのが、今までキャリアを積んできた業種に転職を希望することでしょう。
少なくても、経験を活かすことができるようになるため、30歳を超えても可能性は十分にあります。

自分の理想をかなえるのなら

20代での転職が重要になってくるのは、女性特有の問題ではありません。
男性でも同じです。
キャリア形成に関していえば、自分の理想をかなえたいと夢を持つなら30代に入ると難しくなるでしょう。
そんな理由が下記のサイトにもあります。
>>なぜ、30女の転職は後悔することになるのか:PRESIDENT Online|プレジデント

では、30代では希望はかなえられないのかといえば違います。
押さえるポイントが間違っていれば、どんな年齢でもミスマッチが生まれてくるものなのです。

そのポイントの一つが求人サイトの選び方です。

キャリアップを目指す場合には、その業界専門の求人サイトの利用を勧めます。

例えば、食品で転職を考えるならば食品業界に特化した求人サイトや、
保育士としてキャリアアップを目指したいのなら保育業界に特化した求人サイトを利用するべきです。

その上で、自分が転職をしたい地域での求人状況はどのようになっているのかを調べる必要もあります。

先ほどの例で出てきた保育業界で考えてみましょう。
もしあなたが東京で保育士としてキャリアアップしたいのならば、まず保育業界専門の求人サイトを見つけましょう。
次にそのサイトを利用して東京での求人状況はどのようになっているのかを調べるのです。

多くの求人サイトでは、その地域の求人がまとめられているだけでなく、その地域における求人状況や給与相場などのデータがまとめられていることも多く、情報収集をする上で非常に役に立ちます。

具体的には東京都で勤務する保育士や幼稚園教諭の給与は年収ベースで概ね300万円~320万円程度となっており、他のエリアよりもかなり上回っています。
加えて、厚生年金や健康保険、失業保険などの各種保険も充実しており、福利厚生面の充実ぶりも際立ちます。
社員寮や社宅などの整備をはじめ、住宅手当の支給なども見られるなど、労働者にとっては極めて働きやすい環境が整います。
このように住宅に関する手当などが支給されることで、遠方から移住して東京都で勤務するという人を支援することにつながっています。

引用元)保育士求人ナビ

また、業界特化型の求人サイト利用のメリットは、キャリアを積みたい業界内で自分の希望通りの職場が見つかりやすいことです。

ただし、理想を強く出したいのであれば、あくまで20代での行動がカギになることを覚えておかなければいけません。

キャリアカウンセラーだって転職組

ライフスタイルに合わせた選択を進めるのであれば、下記のようなサイトを参考にしてみるといいでしょう。
不利ではないという理由も見えてきます。
>>30代前半の転職って、有利? 不利?|リクナビNEXT[転職サイト]

どんな形にするにせよ、ライフスタイルとプランニングを立てていかなければいけません。
ただ転職したいからといった理由では、どんどん不利になることも間違いないでしょう。
自分自身を分析し、一体強みは何なのか、何を打ち出していくべきなのかを知らなければいけません。

甘く考えないということも重要でしょう。
現実的に見て、女性の転職は年齢と共に厳しくなることが事実です。
絶対数も減ります。
キャリアカウンセラーなどに聞いても、厳しいですよといわれるでしょう。

ここで考えて見なければいけません。
こうしたキャリアカウンセラーの大半は、転職組なのです。
転職を経験せず、キャリアカウンセラーになる人は皆無といっていいでしょう。
では、何が違うのかといえば、明確なキャリアプランを持って臨んだということなのです。

早ければ早いほど、キャリアプランは有効に作用します。
目標を定め、必要な資格や経験を積み、力を蓄えていくことができれば、転職は成功するのです。
理想があるのであれば、早々に計画を立てていきましょう。